<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0233612_14254196.jpg

前回の旅行日記から、だいぶ日が経ってしまいました。
うれしいことに、「あの続きは?」と聞いてくださることがあるので、続きを書こうと思います。

今回の旅で、フィンランドの建築家、そしてプロダクトデザイナーでもあるアルヴァ・アアルトの建築を見に行こうというのが目的のひとつにありました。
家具や食器などのプロダクトは実際に見た事があるけれど、本でしか見た事のない建築を訪ねてみようと、ヘルシンキ郊外を建物探訪に出かけました。

フィンランディアホール、アトリエ、映画『かもめ食堂』でも出てきたアカデミア書店など、ヘルシンキ市内でも、いくつかのアアルト建築を見ることができます。

はじめに、ムンキニエミのアアルト自邸に行ってきました。
住宅街にとてもひっそりとある自邸は、木をたくさん使った、温かみのある家でした。

f0233612_14334145.jpg

上の写真は、二階のテラスです。
テラスには、アアルト自作の植木鉢がふたつ。
f0233612_1435665.jpg

このかたち、湖のかたちをモチーフにしたといわれるiittalaのフラワーベースを思わせます。

f0233612_14391085.jpg

f0233612_15264573.jpg

家具や照明もほとんどアアルトのデザインです。

f0233612_14394835.jpg

リビングルーム

その奥に、アルヴァと一人目の妻であり建築家のアイノ、そして二人目の妻であった建築家エリッサの作業場があります。
f0233612_14595277.jpg

f0233612_150972.jpg


よく日が当たり、景色の良いこの席が、アルヴァのお気に入りの席だったのだそうです。
f0233612_152845.jpg
f0233612_1514569.jpg


住みやすいように工夫された家具や建物のつくりは、日本の文化の影響をとても受けたものだそうです。
棚も、着物の箪笥を思わせるようだったし、引き戸も多く使われていました。
バスルームには、妻と一緒に支度ができるようにと洗面台が二つ並べてありました。
なんだか発想が素敵で、とても印象的でした。
f0233612_1527660.jpg


今後もし家を建てるときの参考にしたいような、住み心地の良さそうな家でした。
f0233612_15223245.jpg

f0233612_15272681.jpg

f0233612_15273759.jpg

[PR]
by mana5158 | 2011-07-28 15:29 | 日々
f0233612_1212519.jpg

猛暑の合間に、昨日今日のように涼しい日があると良いですね。
からだのために休憩をもらったような、なんだか得をした気分です。

少し時間があいてしまいましたが、7/9でgris souris別室 mizuiro coffeeは最後の営業となり、しばらく休業させていただきます。

1年と少し、gris souris別室でのカフェは、とてもたくさんの方にお越しいただき、たくさんの出会いがあった、すてきな時間でした。
小さな別室で、たくさんのお客さまといろいろなお話をさせていただきながらコーヒーを淹れられたことや、バタバタとランチの準備をして、目が回るほど忙しくランチをお出ししたこと、とってもひまなとき、ひとりでゆっくりお茶を楽しんでいたことなど、たくさんのことがあったな、と思います。

いらしてくださったみなさま、そしていつもこころよく見守ってくださって、応援してくださった里奈さん、本当にありがとうございました。

カフェは、やっぱり好きな空間で、好きな仕事だと、あらためて感じました。

いつかまた、どこかでカフェを再開出来たらいいなと思っています。

その時はまた、みなさんにお会い出来ることを、楽しみにしています。

ありがとうございました。
[PR]
f0233612_18223453.jpg


毎日暑い日がつづきますね。
今日のように風が強い日は、まだ過ごしやすくて助かります。
梅雨明けも、もうすぐでしょうか。

写真は、仕事でハワイに暮らす妹から届いた一枚です。
ハワイも雨が降ったりやんだり。
そして、こんなきれいな虹がたびたび空にかかるのだそうです。

ん~いいなぁ!
雨のあと、ぱっと晴れると、こんな虹を期待して空をながめてしまいます。

さて、先月から再開したgris souris別室 mizuiro coffeeも、あっという間に今週が最後となりました。
再開してから、久しぶりにお顔を見せてくださった方、ずっと来たいと思ってたとおっしゃってくださった、はじめましての方。たくさんのお客さまにいらしていただいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

やっぱり好きな仕事だなと、改めて実感できた1ヶ月でした。

今週も、楽しみながらコーヒーを淹れようと思います。

みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております。
[PR]